ジェリー カーター

アソシエイト, シカゴ
電話:312.245.7500
jcarter@masudafunai.com

カーター弁護士は、当事務所のビジネス部門および流通販売部門のメンバーである。

会社法の分野では特に、M&A・資金調達・事業部門売却、企業の設立・維持・解消、会社の組織編成、および米国内外におけるジョイントベンチャーなどを専門とする。商事法務関係では、購買契約、売買取引条件、供給契約、販売店契約などをはじめ、商品製造・販売に関するあらゆる法律面を扱う。

日本、インド、韓国で居住・就労の経験を持つ。ロー・スクールおよびビジネス・スクールに入学する以前、JETプログラム(Japan Exchange & Teaching Program)に参加し、日本の大手自動車メーカーの貿易部門に勤務した。様々な国籍の外国企業を扱うカーター弁護士は、日本語と日本文化についての知識と理解を活かし、日本企業の米国内における直接投資活動を全ての段階で援助している。

主な取扱事件


  • 米国に本拠を置くアルミ押出加工・組立会社の買収(1.55億ドル取引)に伴う組織改編において、日本のアルミ製造会社を代理した。

  • 米国に本拠を置く自動車部品メーカーの買収計画(5000万ドル規模)において、ドイツの自動車メーカーを代理した。

  • 米国に本拠を置くカーバイド切削工具会社の買収(2000万ドル取引)において、日本の切削工具メーカーを代理した。

  • 米国ワイヤレス関連製品・サービス会社への2250万ドル相当の資産売却において、米国ソフトウエア企業を代理した。

  • 日本の物流会社への1500万ドル相当の株式売却において、米国物流会社を代理した。

  • 米国内販売代理店の買収において、ベルギーの装飾品メーカーを代理した。

  • 日本の水晶製品メーカーのリストラクチャリング(企業再構築)において、同メーカーを代理した。

  • アイルランドの調合プロセス制御システム会社が、米国に本拠を置くマテハン機器メーカーの事実上すべての資産を買い取る際、代理した。

  • 代表的出版物

    • To Find the Treasure in Fixed Fees, You Need a Map, New Math, New Money: A Lawyer's Guide to the Changing Business of Law (March 2014).
    • 米国における子会社設立や買収のためにどの法主体を選択すべきか? シカゴ日本商工会議所(JCCC)月刊ニュースレター(2016年4月)

業務分野

言語

  • 日本語

学歴

  • Indiana University Maurer School of Law, J.D., 2013, Milton Stewart Global Legal Fellow, Elmore Family Entrepreneurship Law Scholar, Federal Communications Law Journal
  • Sungkyunkwan Graduate School of Business in Collaboration with MIT Sloan, M.B.A., Finance, 2013
  • Stanford University, Inter-University Center for Japanese Language Studies in Yokohama, Japan, 2006

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格

会員資格

  • Inter-Pacific Bar Association
  • アメリカ法曹協会
  • シカゴ弁護士会