ゲーリー サンテラ

シニア・カウンセル, シカゴ
電話:312.245.7500
gsantella@masudafunai.com

サンテラ弁護士の主要業務は、商事に関する訴訟、仲裁および調停である。建設、担保権実行手続、占有回復、保証義務違反、知的財産、代理店との紛争や契約違反など、広範囲に亘る訴訟ならびに代替的紛争解決手続においてクライアントを代理する。また、破産事件で債権者の代理も務めるほか、米国各地の裁判所や裁判地で陪審・非陪審審理を含む様々な審理、仲裁および調停を数多く手掛けている。

ビジネスに関わる法律相談や、売価契約書、購入契約書ならびに販売契約書の作成・交渉においてもクライアントの代理を行っており、工作機械業者、工業用ホース業者、自動車部品業者、工業用軸受業者、印刷機業者など、幅広い業種のクライアントを持つ。

当事務所訴訟部門の主席を務めたことのあるサンテラ弁護士は、2007年から6年間、イリノイ州「Super Lawyer」に選ばれた。著作物には、インターナショナル・ロー・ジャーナル誌(2003年発行)に寄稿した「米国民事訴訟における弁護士報酬と経費を節約するための予防策 (Preventative Measures to Reduce Attorneys' Fees and Costs in U.S. Civil Litigation)」のほか、北浜法律事務所(大阪市)との共著による「日本企業が日本の訴訟手続で追加的証拠を収集するための手段(A Tool for Japanese Companies to Obtain Additional Evidence for Use in Japanese Court Proceedings)」等の記事がある。また、2012年にイリノイ州公認会計士協会などにおいて、「法廷会計:利益損失 (Forensic Accounting: Lost Profits)」、「商品とサービスの販売および流通販売におけるリスク削減 (Risk Management: Reducing Risks in the Sale and Distribution of Goods and Services)」といったトピックで講演を行った。

業務分野

会員資格

  • Chicago Bar Association - Young Lawyers Section, Executive Council, 2013-2016
  • アメリカ法曹協会
  • シカゴ弁護士会