エルドン 角田

プリンシパル, シャンバーグ
電話:847.734.8811
ekakuda@masudafunai.com

角田弁護士は、過去20年以上、米国で設立された大小様々な外国籍企業の法務を代理し、法的助言を行ってきた。また、社内に法務部門を持たない企業の法律顧問としても、契約の見直しと交渉、会社設立と維持管理、雇用問題、訴訟事前戦略および移民法案件についてクライアントにアドバイスをする。角田弁護士が代理するクライアントは、工作機械製造、コンサルティング、工業印刷テクノロジー、自動車部品および電子部品製造などの幅広い業界分野に携わっている。

当事務所移民法部門の副主席を務める角田弁護士は、雇用主を代理し、従業員の雇用に基づくグリーンカードの取得や様々な非移民労働ビザの取得手続を行う。すなわち、米国市民権移民サービス(USCIS、元INS)、在東京米国大使館、在大阪米国領事館などに提出するE-1、 E-2、L-1、H-1 および H-3ビザの申請書類の作成とビザ申請手続を支援する。また、移民法問題をテーマにした講演活動を頻繁に行い、EビザやL1-Bビザの取得手続や手続基準の変更について最新情報をクライアントに提供する。

そのほか、雇用労働法部門のメンバーとして、雇用主を代理し、従業員人事規則の作成や見直しを行うほか、セクハラ防止対策やEメール通信規定についてアドバイスする。また、クライアントが従業員の解雇や懲戒処分を行う際に、かかる処置を連邦法、州法および地域法に遵守して適切に行えるように助言する。さらに、雇用主を代理し、従業員によるEEOC(平等雇用機会委員会)およびイリノイ人権局(Illinois Department of Human Rights)への告訴に速やかに対応する。

主な取扱事件


  • 電子産業に携わる多角経営の大規模多国籍企業グループを10年以上代理し、あらゆる移民法案件を一手に引き受けた。

  • 工業印刷テクノロジー会社が米国のプラスチック射出部品製造会社を買収した際に代理した。

  • 大型国際工作機械製造業者を代理し、同会社の米国における事業規模の最適化を図った。

  • 複数の外国人を代理し、卓越した能力を有する外国人(Extraordinary Ability Aliens)の分類によるグリーンカード取得を成功させた。

業務分野

学歴

  • ジョージタウン大学ロー・センター, J.D., 1986
  • Georgetown University School of Foreign Service, B.S. Foreign Studies, 1982

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格

会員資格

  • アメリカ法曹協会
  • 米国移民法弁護士協会