ジェロルド フィンク

オフ・カウンセル, シカゴ
電話:312.245.7500
jfink@masudafunai.com

企業経営顧問として経験の深いフィンク弁護士は、連邦および州の独占禁止法、通商規制問題、販売協定およびフランチャイズ協定等の複雑な商事問題について法的助言を行う。企業や起業家に対しては、知的財産や技術に関わる開発やライセンス契約、ならびに専有情報の保護についてアドバイスする。また、独占禁止法問題やライセンス契約に関わり、米国企業と外国企業間の合弁会社の法律顧問を務めるほか、交渉に携わることも多い。

フィンク弁護士は、連邦裁判所、州裁判所における複雑な訴訟問題、仲裁その他の紛争解決手続きも数多く手がけている。また、資産購入条件も含む契約の交渉、製品・サービスの購入販売やライセンス契約、保証規定、製造物責任およびそのような取引に付随するリスクや紛争の回避に関して、クライアントに確実な助言を与え、問題を最小限に留めて解決に当たり、クライアントの期待に応えることを目指している。これまでも、国内および外国企業の知的財産ライセンス契約や技術開発契約、ならびに販売会社や販売代理店、セールス・レップの指名および解除に関して、数多くのクライアントの防御に成功している。

フィンク弁護士は、流通販売、製品保証、独占禁止法、知的財産権のライセンス契約、営業秘密の保護をテーマとしたセミナーやシンポジウムでも講師を務めており、知的所有権のポートフォリオのライセンス契約や開発において米国および環太平洋地域のクライアントを代理した経験を持つ。これら上記および他のテーマについての記事は、米国や海外の出版物や機関紙に掲載されている。

主な取扱事件


  • クライアントの製品の製造販売に内在するリスクおよび訴訟のリスクや頻度を減らすための「前向きな」アプローチを含み、数多くのクライアントの製品安全委員会に対し助言を行った。

業務分野

会員資格

  • Chicago Bar Association - Young Lawyers Section, Executive Council, 2013-2016
  • アメリカ法曹協会
  • シカゴ弁護士会