日系企業向け 米国移民法ニュース-2012年10月

Date: 10/18/2012
 日系企業向け 米国移民法ニュース(2012年10月)

日本人も対象とした2014年度の米国移民多様化ビザ抽選プログラムは2012年11月3日まで応募可能

国務省(Department of State (DOS))は、2014会計年度における移民多様化ビザ抽選プログラム(Diversity Immigrant Visa Lottery Program (DV-2104))に関する情報を発表しました。DV-2014への応募申請が可能な期間は、2012102日(火)から2012113日(土)の30日間のみとなります。国務省は、日本を含む、米国への移民率の低い国の出身者を対象に、年間50,000人分の移民ビザ「グリーンカード」を発給します。DV-2014への応募申請は、インターネットを通じて電子的にE-DVエントリーフォームを提出することによってのみ可能です。DV-2014の応募要件、手続き方法、およびE-DVエントリーフォームについての日本語での公式情報は、 http://travel.state.gov/pdf/DV_2014_Instructions_Japanese.pdf にて入手可能です。

応募者は、2013年5月1日より、www.dvlottery.state.gov のサイト上からエントリー状況確認画面(Entrant Status Check)にアクセスすることで各自が抽選で当選したか否かを確認することができます。Entrant Status Checkは、エントリーした応募者が当選したか否かを確認できる唯一の方法です。国務省が、応募者に対し当選結果について郵便やe-mailで通知することは一切ありません。また当選者に対する、移民ビザ手続きに関するその後のインストラクション等についても全てEntrant Status Checkを通じて行われます。

本記事およびその他移民法に関するご質問は、エルドン・角田弁護士 (Email: ekakuda@masudafunai.com)、もしくは移民法部門のその他の弁護士までご連絡ください。また、当事務所のサービス、弁護士の説明などに関するご質問・コメントにつきましては、クライアント・サービス部門の江口 香または徳吉 史子 (tel:312.245.7500)までご連絡ください。

週間総合移民法ニュース(英語版)はこちらをご参照ください。