Skip to Main Content

ユーン弁護士は、商事および知的財産関連問題を含むビジネス訴訟を専門に取り扱っている。2018年に当事務所のサマー・アソシエイトとして勤務した。当所に入所する前は、イリノイ州第1巡回区控訴裁判所のMary L. Mikva裁判官の法実務エクスターンとして勤務していた。

続きを読む

さらにロー・スクール在学中も、DV犠牲者を支援するCourage Connection(非営利団体)で支援活動に従事していた。711ライセンス(学生リーガルエイド対象)およびイリノイ州ドメスティック・バイオレンス専門認定証を取得し、裁判所の正式保護命令に関するヒアリングで家庭内暴力の犠牲者を代理した。

取扱分野

学歴

  • イリノイ大学ロー・スクール卒業, (2019年J.D.取得、優秀賞)、 イリノイ大学ロー・レビュー誌、編集員(2018年~2019年)、 イリノイ・ロー・アップデート、イリノイ・バー・ジャーナル – スタッフ・ライター アジア系アメリカ人ロースクール学生協会 – 会長 シカゴ韓国系アメリカ人法曹協会 – ダイバーシティー・スカラーシップ受賞者
  • オーバーン大学卒業, (国際ビジネス専攻、2016年B.S.取得、優秀賞)、同大学成績優秀賞

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格

言語

  • 韓国語
.
主な取扱案件
会員・役職

会員・役職

アメリカ法曹協会
シカゴ弁護士会
韓国系アメリカ人法曹協会
執筆・講演等
著書・論文
ニューヨーク市のバイオメトリクス・プライバシー法、バイオメトリクス・データの不当な使用または取得について企業に対する訴権を認める
2021年7月9日、ニューヨーク市で新たなバイオメトリクス・プライバシー法(以下、「本法」といいます。)が施行され、これにより顧客の生体認証情報に対する保護が強化されました。本法では、「生体認証情報(Biometric identifier…
カリフォルニア州裁判所、飲食料品に含まれるアクリルアミドをめぐりプロポジション65訴訟の新たな提起についての仮の差止めを命じる
カリフォルニア州知事は、カリフォルニア州の(1986年)安全飲料水および有害物質施行法(Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act of…
カリフォルニア州議会、カリフォルニア州消費者金融保護法案(CCFPL)を可決
Executive Summary On August 31, 2020, the California Legislature passed the California Consumer Financial Protection Law (“CCFPL”)…
受賞歴

受賞歴

イリノイ大学ロー・スクールの模擬裁判競技会最終戦(Frederick Green Moot Court Honorary Round)、最優秀弁論者賞(2018年春)

「CALI Excellence for the Future」賞(控訴審弁護)(2017年秋)